初診予約
Instagram

眼底疾患

糖尿病網膜症とうにょうびょうもうまくしょう

糖尿病網膜症は糖尿病の合併症の1つであり、失明の原因として問題となっています。網膜の細い血管がつまって網膜への血流が悪くなることにより、出血をはじめとするさまざまな症状を引き起こします。緑内障や網膜剥離、視神経萎縮などから視力を失うことがあります。しかし初期には症状が自覚されないことが多く、自覚症状が現れた時はかなり病気が進行していることも少なくありません。糖尿病と診断されたことのある方は、適切な時期に治療ができるように、定期的な検診を受けることが重要です。
治療は、進行の程度に応じて、レーザーによる治療、硝子体注射、硝子体手術などがあります。

レーザー治療(網膜光凝固術もうまくひかりぎょうこじゅつ

糖尿病により血流の悪くなった場所に必要があれば、レーザー治療を行い、新生血管(破綻し出血の原因となる血管)や増殖膜などの出現をふせぎます。
レーザーは多くの場合数回に分けて行われます。

硝子体注射

黄斑部(網膜の中心部分)に水がたまった状態になることがあります。これを黄斑浮腫といいます。眼内に薬を注射(硝子体注射)してむくみをひかせることができることもあります。ただし糖尿病のコントロールが不良であったり、病気の勢いが強いと注射の効果が出ないこともあります。

当院の硝子体注射について

硝子体手術

糖尿病網膜症では進行すると、眼内に出血(硝子体出血)をおこしたり、増殖膜ができることがあります。出血や増殖膜を取り除くためには硝子体手術を行う必要があります。

当院の硝子体手術

網膜静脈閉塞症もうまくじょうみゃくへいそくしょう

網膜の静脈が詰まり、網膜に出血を起こす病気です。黒いものが飛ぶ(飛蚊症)、視野の一部がみえにくい、視力が落ちたなどの症状が出ます。網膜の中心である黄斑部にむくみをきたすことがあり、この状態を黄斑浮腫といいます。治療は、症状に応じて、内服、レーザー治療、硝子体注射、硝子体手術などをおこないます。高血圧の方や糖尿病の方、心疾患のある方は注意が必要になります。

加齢黄斑変性症かれいおうはんへんせい

眼の中の網膜の中心を黄斑部といいます。加齢黄斑変性症とは、老化に伴い黄斑部に出血やむくみをきたし、視力が低下する病気です。喫煙、紫外線が危険因子とされており、滲出型黄斑変性症の場合は、抗血管新生療法(抗VEGFを硝子体注射)、光線力学的療法、レーザー光凝固術などの治療があります。見ようとしたところがみえない、視野の中心がゆがむなどの症状があり、放置すると進行して、視力の回復が不能になってしまう病気です。症状に心当たりがある方は早めに受診することをおすすめします。また、一旦症状がよくなっても、再発することが多く、気が付かないうちに症状が進行していることもあります。できるだけ症状の進行を防ぐために、定期的な検査と治療が大切です。

当院の硝子体注射

糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症のほかに強度近視による脈絡膜新生血管なども硝子体注射の適応となります。これらの疾患では、黄斑部で起こる新生血管の増殖や黄斑浮腫を抑えることにより症状を改善したり病気の進行を抑制したりすることができるとされています。硝子体注射はそのような抑制効果があるとされている薬剤を眼内に注射することにより病気の進行を抑制する治療法です。
一旦症状がよくなっても、再発することもあります。気が付かないうちに症状が進行して視力が低下したり、見えにくい範囲が広がったりするのを防ぐためにも、定期的な検査と治療が大切です。
当院では外来脇にあるミニオペ室で注射をさせていただきます。感染対策のために手術室同様こちらでもへパフィルターを導入しております。

当院では予約診療を優先させていただいております。
お電話もしくはネットでご予約をとられてからお越しください。
ご予約のない方はお待ちいただく場合がございます。

046-205-4131

診療時間
9:00-12:30
14:30-17:30

○:不定期(お電話でお問い合わせください)
土曜:9:00~13:00
休診日:日曜、祝日

イラストマップ

〒243-0032 
神奈川県厚木市恩名1-6-68(コジマ電機前)
小田急線「本厚木駅」北口より徒歩約10分

046-205-4131 初診予約 Instagram
Pagetop