初診予約
Instagram

硝子体手術

硝子体手術画像1

眼の中には透明なゼリー状の組織があり、硝子体といいます。硝子体が年齢やその他の原因によって変化することにより、その奥にある網膜という組織に変化をもたらし、病気をひきおこすことがあります。そのような病気に対して行われるのが硝子体手術です。主な疾患としては以下のようなものがあげられます。

近年、医療技術の進歩により安全性が高まり、硝子体手術も日帰りで行うことが可能となりました。硝子体手術は山根真医師が担当します。手術に不安のある方は低濃度笑気麻酔などを使用し、なるべくリラックスして手術を受けていただけます。

手術までの流れ

  1. 問診
  2. 術前検査
  3. 手術説明・白内障と同時手術の場合は眼内レンズ決定
  4. 術前点眼開始(3日前から)
  5. 手術当日
  6. 体調が落ち着いたらお付き添いの方とご帰宅

手術方法

局所麻酔で行います。
硝子体手術を行うと術後に白内障が進行するため、多くの場合白内障と同時に手術を行います。手術時間はほとんどの場合、30分から1時間程度です。角膜(黒目)のふちから3.5~4mm程度の箇所に器具を出し入れする為の穴を4か所開け、眼内を照明で照らしながら、硝子体を切除し、各疾患に対しての治療をしていきます。

手術後の生活

手術後は自宅療養をしていただきます。1週間程度は安静が必要です。
医師の指示通り点眼薬や内服薬を続けてください。術後感染症の危険がありますので、自分の判断で服用や点眼を中止しないでください。日常生活で普通に眼を使う分には問題ありません。視力が回復してくるまでしばらく時間がかかるケースもあります。また、手術前と異なる新しい見え方に慣れるまでしばらく時間がかかることがあります。

手術後の体位制限について

疾患によっては手術で眼にガスを注入し、その圧力で網膜を落ち着かせることなどがあります。そうしたケースでは術後しばらくの間、うつ伏せの姿勢をできるだけ保持するなどの姿勢制限がつくことがあります。その場合はご家庭でも医師の指示を守っての姿勢の維持が必要になります。一人暮らしなどで姿勢の維持が難しい場合には、提携病院での入院療養なども可能ですので、ご相談ください。

当院では予約診療を優先させていただいております。
お電話もしくはネットでご予約をとられてからお越しください。
ご予約のない方はお待ちいただく場合がございます。

046-205-4131

診療時間
9:00-12:30
14:30-17:30

○:不定期(お電話でお問い合わせください)
土曜:9:00~13:00
休診日:日曜、祝日

イラストマップ

〒243-0032 
神奈川県厚木市恩名1-6-68(コジマ電機前)
小田急線「本厚木駅」北口より徒歩約10分

046-205-4131 初診予約 Instagram
Pagetop