初診予約
Instagram

涙目

涙目といってもいろいろな涙目があります。
涙が眼のふちにたまったり流れてきてしまう場合、目がしょぼしょぼして涙っぽい場合、涙目の症状だけでなく目やにや充血、痛みや異物感と伴うこともあります。軽症のものから重篤なものまでさまざまな病気が考えられますので、一度医師の診察を受けるようにしましょう。

涙が眼のふちにたまる、または流れてきてしまう場合

鼻涙管閉塞症(鼻涙管狭窄症)

涙道手術

涙は涙腺で作られます。まぶたの内側の上下に涙点という穴があり、そこから鼻涙管という管が喉の奥に(鼻の奥)つながっています。作られた涙は、鼻涙管が排水溝の役割をして流れていきます。しかし、年齢とともにその管が狭くなると十分に涙を排水することができず、あふれてしまいます。これを鼻涙管閉塞(狭窄)症といいます。閉塞(狭窄)したところに感染をおこすと目やにがふえたり、鼻の付け根が腫れたり痛んだりします。
適応のある方には、涙道内視鏡を使い涙管チューブを挿入する手術などがおこなわれます。

当院の涙道手術

結膜弛緩症

黒目のまわりの白い部分は表面が結膜という透明な膜になっており、この膜が年齢と共に緩み余ってしまっている状態を結膜弛緩症といいます。緩んだ結膜が涙点をふさぐと涙の原因となります。またごろごろする症状をともなうこともあります。点眼で症状が軽減することもありますが、根本的に治療は結膜の一部を切る手術となります。

目がしょぼしょぼする、涙っぽい場合

マイボーム腺機能不全(MGD)

まぶたの裏側にはマイボーム腺という器官があり、 涙の油分を分泌しています。このマイボーム腺の出口(まつげの生え際にある開口部)が細菌感染などによってつまると、 涙の中の油分のバランスがくずれて、目が乾きやすくなったり、涙目になったり、炎症が起きたりします。 これをマイボーム腺機能不全(MGD) といいます。
マイボーム腺機能不全は、眼瞼炎、ものもらい (麦粒腫、霰粒腫)、ドライアイなどさまざまな病気をひきおこします。
疲れやすい、異物感、不快感、めやに、なみだ、かゆみ、瞼が重い、瞼が熱い、充血、目が開けにくいなど、様々な症状をひきおこすこともわかっています。
治療は瞼をあたためる温罨法や瞼を清潔に保つ眼瞼清拭が有効とされています。
具体的な方法は当院でご提案、ご指導させていただいております。上記の症状でお悩みの方はご相談ください。

参考サイト

MGDについて|LIME研究会

この他にドライアイなどでも目がしょぼしょぼする症状がでることがあります。目の表面を覆っている涙が不足することで刺激(風や光など)に対して反射的に涙がでてしまうからです。

その他いろいろな症状をともなって涙目になることがあります。
一般的には角膜や結膜に異常があることが多いですが、眼内に炎症を起こしていたりすることもあります。一度医師の診察を受けるようにしましょう。

当院では予約診療を優先させていただいております。
お電話もしくはネットでご予約をとられてからお越しください。
ご予約のない方はお待ちいただく場合がございます。

046-205-4131

診療時間
9:00-12:30
14:30-17:30

○:不定期(お電話でお問い合わせください)
土曜:9:00~13:00
休診日:日曜、祝日

イラストマップ

〒243-0032 
神奈川県厚木市恩名1-6-68(コジマ電機前)
小田急線「本厚木駅」北口より徒歩約10分

046-205-4131 初診予約 Instagram
Pagetop