初診予約
Instagram

網膜・硝子体疾患

眼の中には硝子体というゼリー状の物質が存在します。硝子体は年齢とともに縮み、ある時期に網膜から離れます。これを後部硝子体剥離といいます。これ自体はほとんどの方に起こり病気ではなく生理的変化です。このときに付随して起こる様々な変化が病気を引き起こすことがあります。これらの病気は硝子体手術の適応となることがあります。

当院の硝子体手術

黄斑上膜おうはんじょうまく(前膜)

網膜の中心(物を見る中心)を黄斑といいます。黄斑の表面に膜ができ、その膜が厚くなったりすると、黄斑自体が厚くなったり皺がよったりしてきます。見ようとした中心の部分がゆがんで見える(変視症、歪視)、大きく見える(大視症)、視力が低下するなどの症状がでてきます。点眼や内服などでの薬では治すことができません。治療は膜を取り除くための硝子体手術となります。

黄斑円孔おうはんえんこう

黄斑上膜同様に黄斑部の病気で、加齢により、硝子体皮質が収縮し黄斑部に孔が空く病気です。見ようとしたところが暗く抜けて見えるような症状が特徴的です。やはり薬で治すことはできず硝子体手術の適応となります。

網膜剥離もうまくはくり

上記の後部硝子体剥離が起こる際、網膜そのものは引っ張られ孔が開いてしまうことがあります。孔から網膜の後ろ側に液体が回り込むと網膜剥離という状態になります。放置すれば失明にいたります。黒いものが飛ぶ(飛蚊症)、視野の一部が暗いなどの症状が特徴的です。網膜剥離は点眼や内服などでの薬では治すことができず手術が必要となります。手術は早急に行う必要があり、上記症状に気が付いたときはすぐに眼科を受診しましょう。

その他、網膜分離症や硝子体牽引症候群など、網膜硝子体疾患としてさまざまな病態があり、硝子体手術が必要となる場合があります。

当院では予約診療を優先させていただいております。
お電話もしくはネットでご予約をとられてからお越しください。
ご予約のない方はお待ちいただく場合がございます。

046-205-4131

診療時間
9:00-12:30
14:30-17:30

○:不定期(お電話でお問い合わせください)
土曜:9:00~13:00
休診日:日曜、祝日

イラストマップ

〒243-0032 
神奈川県厚木市恩名1-6-68(コジマ電機前)
小田急線「本厚木駅」北口より徒歩約10分

046-205-4131 初診予約 Instagram
Pagetop